2014年2月26日水曜日

ソチオリンピック終了!

ソチの冬季オリンピックも終了!
すべて結果を聞いてからの視聴だったのですが、
それでもオリンピックは素晴らしいな~と毎回思います。
(眠くて起きていられませぬです、、、)
色々選手を取り巻く環境やマスコミの取り上げられ方で、感じ方が
変わってしまうとは思うのですが、皆選手は並大抵の素質・努力では参加できません。
その一方で選手は多くの支援を得て参加までいたっているのも事実かと思います。
特に私が感動をしてしまうのは、選手の競技の素晴らしさや、
メダル獲得にも感動をしてしまうのですが、参加した選手がそれぞれに
多くの方に支援をしてもらい、その支援者(家族、恩師、友人、コーチなど)の方の
お話にいつも大きな感動を覚えてしまいます!
スノボの国母選手の話などとても感動をしてしまいました。
レジェンド葛西選手などは、7回目の出場でもっともっと沢山の影でのご支援のお話は
きりがないほどあるのではとおもいます。
その感謝が自然とメダルを皆に触ってもらう行為になっているような。
オリンピックに出ることが、どんなに沢山の支援を得ているのかを考えると
参加選手も、まず素直に支援をしてくださった方のおかげと最初にコメントを
するの当然のように思います。
スノボのメダリストの竹内選手はコーチ、サービマンとメダル報奨金を三等分するとか。
仕事もチームワークですし、表に立つ人、それを裏から支える人色々な役割が
ありますが、結局は皆勝利をつかむために活動をしていると思うと共通点も多いですし
各人が日々一つ一つ積み上げて役割毎の仕事をしてくれていると思うと感謝感謝です!
私自身も日々色々な方の人の支援があって過ごせていいることに感謝をしなければと
あらためて思ったしだいです!です!


0 件のコメント:

コメントを投稿